妊娠中なので妊婦モデルに応募してみた

妊娠直後、つわりが重かったことと、重労働な職種でもあったので、退職することにしました。仕事を辞める人も中にはいると思いますが、身体に過度な負担がかからなければ、辞めなくてもいいと思います。
妊娠期間中はサプリメントで葉酸を摂るように先生より言われたので、飲んでいました。

さらに血が薄かったので、病院で出された鉄剤だけでなく鉄分を多く含む食材を意識して食べるようにしていました。
妊娠するとママ自身は元気だと感じていても体は疲れやすいのです。

私の場合は、たいしたトラブルは起きなかったので安定期に入ってから何度か旅行に行きましたが、普段通りにはいきませんでした。休憩もせず歩き続けるとお腹の張りを感じて、何回でも休憩をとるようにして、以前よりものんびりめに過ごしました。また、お医者様に旅行について問題はないか質問してみたところ旅行自体は問題ないが日帰りではなく1泊でも宿泊の方が良いとのことでした。
妊娠中はとにかくストレスを溜めないことが大切です。
ストレスをためてしまうと、イライラして暴飲暴食したり、冷静な判断ができず危険な行動に出たり、穏やかな気持ちで過ごせなくなります。そうなると、母体に負担がかかり、赤ちゃんにも悪影響を与える可能性があります。

出産は命がけの、人生の一大イベントです。あまりナーバスになってもいいことはないですが、いい状態で出産にのぞめるよう、穏やかな気持ちと身体を準備してきましょう。愛する人との子供って本当に嬉しいですよね。

妊娠がわかった瞬間すぐ旦那に言いましたしかしこの後すぐにおそってきたつわりが大変つらいものでした…。

私の場合、朝起きると気持ち悪くてトイレで胃液を吐き、朝ごはんを少し食べたらまたすぐに気持ち悪くなりました。
昼間はそのまま動けず。夕方になると何度も吐きながら主人の夕食の為に台所に立ち、なんとか作り上げていました。ただ、さすがにピーク時にはそれもできませんでしたが…。けどいつかは必ず終わるものなので、可愛い赤ちゃんのためにも頑張って堪えましょう。妊娠中は眠くなる人も多く、耐えきれずに昼寝ばかりしてしてしまうかもしれませんが、時間は十分にあるので、保存食や漬物などを時間をかけて作ってみるのはいかがですか?血圧も上がることがあるので、予防効果のある野菜を多めにとってください。放置したまま忘れていた本を読んだり、水回りの気になる汚れを徹底的に落としたり、普段はできないような掃除や調理で体を動かせば、体重管理にも一役買います。

初めて奥様がを妊娠すると、多くの旦那さんはどのようにサポートすれば良いかわからないと思います。

まずは夫婦が一緒に居られる時間を増やしてみてください。妊娠中は不安な奥さんも安心できるようになります。
産院での妊婦健診に一緒に行ってみましょう。パパになる実感が少しずつ湧いてくると思います。

ただし、産院は基本的に女性優先、席は女性に譲り、旦那さんは隅の方で待ちましょう。
奥さんの妊娠中は旦那さん大変ですが、やはり赤ちゃんを身ごもっている妊婦さんを最優先にして下さい。雑菌が性器に入ってくることを予防するため女性には自浄作用機能が備わっています。しかし妊娠中は、ホルモンバランスや免疫力の低下、日々の心労の作用で自分を守る力が落ち込みます。また、ひどいつわりが原因で動けないと体力も低下し細菌が侵入・増殖しやすい状態となります。ですから、妊娠中は特にカンジダ感染症にかかりやすい時期でもあります。

カンジダにかかっているのに出産すると子供にも感染のリスクがあります。一般的に臨月になると、積極的に動き出産に向け体力をつけるように言われます。

そこで効果的なのがウォーキングです。

ウォーキングは血の巡りを良くし、むくみを防止し、妊娠中毒症の予防にも繋がります。

出産はかかる時間に関わらず、かなりのエネルギーを消耗するので、体力をしっかりつけることも欠かせません。

しかし、歩き過ぎは禁物です。お腹の張りが強くなってしまったり破水することもありますので、無理せず気分転換程度に留めましょう。23週目で子宮頚無力症と伝えられ、妊娠24週でシロッカー手術をし、自宅安静のまま妊娠34週まで来ました。

いわゆる正産期まで日はありますが赤ちゃんも2000グラムと順調に成長してくれていて、まだ早産のリスクが消えたわけではないですが、産休に入り、穏やかに日々を送っています。
いろいろ調べていると同じように早産やシロッカー手術された方のお話で勇気付けられています。このまま何事も無く元気な赤ちゃんを出産できるよう、後少ししかない妊娠期間を楽しみたいと思います。

妊娠期間中は無性に甘いものが欲しくなります。

実際今まで全く興味がなかったチョコレートやキャンディが毎日のように食べたくなりました。

ただ体重管理も必要です。
太らないように少し歩いたうえで食べるように心がけていました。体重管理、そして安産のために一日一万歩を目標に歩いていました。赤ちゃんモデルになる!関西2018年募集情報

しかし過度な運動も逆に早産などのリスクを高めるため、無理は禁物です。